• ホーム
  • O型のハゲには薬による治療か植毛による治療か

O型のハゲには薬による治療か植毛による治療か

2020年02月26日
髪が薄い男性

ハゲ方は人によって違っていますが、一つのパターンとしてO型タイプがあります。
これは頭頂部がアルファベットのOのように丸く薄くなってしまうハゲ方ですが、特に男性の場合に見られるパターンです。
そしてO型にハゲてしまった場合、男性型脱毛症の可能性が高いと言われています。
男性型脱毛症の症状はいくつかのパターンに分類する事ができるのですが、O型が正にその内の一つであり、病院で診てもらう場合も男性型脱毛症と診断される可能性が高いと言えます。

O型にハゲてしまった時でも改善できる可能性がありますが、選択肢としてはまず薬による治療です。
薬の内容としては飲み薬と塗り薬になるのですが、飲み薬で脱毛を予防して塗り薬で発毛を促進します。
この組み合わせによる治療は男性型脱毛症を改善する為のベーシックな対策方法であり、改善できた症例も数多くあるのです。

その他にも植毛治療もあります。
そして植毛治療の方法の中でも有効性があると言われているのが自毛植毛です。
要は自分の髪の毛をハゲた部分に移植する治療ですが、自前の毛髪を利用するので安全性が高いという良さがあります。
自毛植毛ですと治療費用が高いという事もあり、経済的な余裕がないと選択肢には上げ辛いかもしれませんが、しかしながら効果が高いという魅力があるのです。

薬を利用する場合も決して効果は低くありませんし、発毛できる可能性もあります。
しかしながら体質によってはなかなか生えてこないケースもあり、何よりもすぐに回復できる訳ではないのです。
その点、植毛の場合ですと移植後はスムーズに発毛しますので、治療から発毛までのプロセスが短く、ハゲを短期間で改善できる可能性があります。